●○ 人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
●○ プロフィール

h.

Author:h.
真っ直ぐでなく。
キレイすぎず。
格好つけず。
かしこまらず。

日々ちくちくぐしぐししてます。

ご意見・ご感想・商品のお問い合わせは
hpのメールまたは↓のメールフォームよりどうぞ。

●○ カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
●○ 最新記事
●○ カテゴリ
●○ リンク
●○ 月別アーカイブ
●○ お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

●○ 参加してます
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
●○ FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/05/15//Sat * 19:26
●○妊娠・出産・いろんなこと。

放置したまんまでごめんなさい。

そのまんま実は5/17から入院→出産となってしまいます。
その前にじっくりこちらで出産について語りたかったのですが・・・。(笑)
語る私がこんなんだからたいしたことでなかっただろう。(笑)

第3子を妊娠した時の驚きといったらそりゃ~相当のもんでした。
やれば出来るのである・・・(苦笑)
すみません・・・お下品で(笑)
でもホントその驚き・・それにどうしよう・・・マズイ・・・今ごろ何で?
っとかなり非難ゴウゴウ受けるであろう考えしかナカッタッス。
申し訳ないです。
でも本当にそんなモンでした。

さぁて・・・そんなつもりもなかった妊娠。
10ヶ月もつのであろうか。
この年で。
しかもこんな腐りきった考えのなかで。
実際産む産まない考えました。

病院行くのも億劫で・・・しかも婦人科。
そして第1子は帝王切開。
第2子はかろうじて普通分娩・・・帝王切開予定が間に合わなかっただけだけどね。
次も恐らく帝王切開だ。

あのお腹を切った後の痛さ。
普通に赤ちゃん道を通ってきて生んだ後の楽さ。
どちらも知ってるだけに絶対絶対帝王切開はイヤだっ!!

今のこの家族4人とラッキーとの生活が乱れるのもイヤだっ!!
そしてたくさんの人が私の作るモノを待っている。
実際作る楽しみを奪われてしまう。
イヤだイヤだイヤだ。
やっと子供が小学生になり少し安心する時だった。
やっとココまで大きくなってくれた。
後は楽しよぉ~などと思っていた。

そんな私のこれからが全部・・全部がオジャン。
また0からだ・・・。

もう本当にイヤだったんだよね・・・。

っで何かどうにかならんかしかも前向きにと思ったのが自宅出産。
言葉だけは知っていたのでジョサンシさんを紹介してもらい話を。
ジョサンシさんはとても気さくな方で自宅を見てココなら産めそう。
やはり自宅出産を希望されても何となく・・・・って方もいらっしゃるそうです。
波長が合う合わないということかな・・。
よくはわからないけれど。
帝王切開経験してるけどどうなのだろうかと思いながらでもまだまだお腹も小さいし
その内ゆっくり考えてもいいかな。
病院とジョサンシさんと両方から診てもらってました。

ただ今まで2回の出産とも何となく自分で産んだぁぞおおおおお~!!っという
キモチがイマイチだった。
さぁこうしてあぁしてという流れ作業的であったような気がする。
産むというより・・・出す。
これでいいのかどうなのか。
こんなままで子供を育てることが出来るのかどうか。
キモチは大事じゃないのか。
こんなキモチだから私は子供が1番だと思えないのじゃないか。
愛情薄いんじゃないか。
などなど本当に何故こんな私に子供が出来るのか不思議でしょうがなかった。

でもジョサンシさんと話すことで自宅出産できるのであれば
私にとってもダンナにとっても
そして2人の子供にとってもきっときっとみんなの赤ちゃんをみんなで守っていける。
きっとこれは良いことなんだ。
きっと素敵なことなんだ。
最後のチャンスだ。
これはシアワセなことなんだ。
そう思えてきたのです。
少しキモチが楽になりました。

とは言え
毎日毎日ツライ・キツイ・苦しいでした。
今も気分は決してよくないです。

お腹もダンダン大きくなり出産について考えなくてはならなくなりました。
病院では帝王切開をした人が自宅出産を希望するなんて考えられないこと。
ウチの病院では出来ませんのでどうぞヨソの病院へ・・・っと出産難民でした。
きっとどこもそうだろうと思います。
リスクがあるのですから。
責任問題に発展するからです。
だからって別に責めたりしません。
病院とはそんなもんです。
そしてジョサンシさんにしたってやっぱり帝王切開な人は自宅出産向きではないのです。

やっぱりダメだろうな~・・・。

でももしかしてこの家で赤ちゃんを産めるかもと何だか家族でワクワクした日々は
新しく1人増える家族を大事に守っていこうとそれぞれがそれなりに決心した日でも
あったんじゃないかなと思いました。

そんなこんなでいろいろ葛藤の中でやはり病院にて帝王切開ということになりました。
それはそれでしょうがない・・・よ~し今度こそはゆっくりゆっくり赤ちゃんをジックリ観察して(笑)
絶対楽しむぞおおおおお~!!っと思ってます。
1人目の時なんか特に余裕がなくどうやってたんだろうって。
全然楽しめてなかったと思います。
もっと楽なキモチで接していたらなと申し訳なく思います。
2人目は小さいのが2人もいてどっちもグズる時なんか最悪気分でした。
これまた余裕なく・・・。

実際またかよ~ってなるかもしれませんが2人の子供たちがメンドーみるって張り切ってます。
だからダメ母としては任せるよっ!!ってキモチで(笑)
なんなら小さいお母さん的オネエチャンでお願いしたいです。

入院となったのは羊水が少ない事。
赤ちゃんが小さい事。
そんな状況なんでいつどうなるかわからんとの事からです。

ただでさえ帝王切開で長く入院になるのに・・・それもイヤだったひとつ。
それ以上に長く入院することになってしまいました。
今までそんなに家を空けたことがないし子供と離れたことがなかった私。

心配なのと淋しいのと困ったのといろんな思いがありますが
明日の子供の運動会だけは見てからとお腹の赤ちゃんに日曜日までがんばれっ!!っと
訳のわからないことを言いながら今週すごしました。

子供の一生懸命を見るのは当然のことです。

次ココでお話するのは楽しいドタバタ育児奮闘話になるのかどうなのか。(笑)
ダメ母はやっぱりダメ母なのです。

きっとそんなこんなでいろんな事やいろんなキモチを持ってまた作り出すトキが来ると思います。
それは私にとっても楽しみなことです。
その時まで。
では・・・いってきます。


スポンサーサイト

[TOP]
copyright (C) 2006 tehariito all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。